<夢占い>「HERO」で木村拓哉、香取慎吾さんらと共演する

(その1)
小学校一年生の時の担任だったH先生と話す。

先生は当時の優しい朗らかな感じとは変わってしまい、ズケズケと語る嫌味ったらしい感じになっていた。自分は先生に向かって率直な批判をする。

そして34学級(これは中学の時のクラス)の自分と他の生徒は31学級の教室に各自椅子をもって行き、31学級の生徒の後ろに並べて一緒に授業をうけようとする。

 

 
(その2)
映画「HERO(続編?)」で、SMAPの木村拓哉さんと香取慎吾さんと自分がある大学(研究所?)に潜入する。・・ということでいきなり自分も出演者のひとりになってる。

まず3人で堂々と歩いて正門まで来ると、本来なら証明書(パスカード)を提示したり自動改札のように通るのだが、木村さんがうまくパスカードを改札機に入れたように見せかけのトリックをつかって3人とも潜入できた。

さっそく階段を駆け上がる3人。不正入場に気づいた学校(研究所)の職員たちがその後気づき3人を追ってくるだろう。

最上階あたりの踊り場に来たとき、職員たちが追って来ようとするのがわかる。

さっそくそこから逃げようと木村さんが噛んでいたガムを窓ガラスに貼る。自分も一緒に訳が判らないまま一緒の所に貼る。すると窓が観音開きに開く。

そして先に木村さんが独りで建物の外に組まれた工事の足場と一緒に垂れたトラロープをつたって一気に降りていった。次々と建物に入って追って来る職員たちの姿も見えた。自分と香取さんは怖がりながら、ゴンドラを手で制御しながら下へ降りていく。

そして3人とも地上に降りて校舎を後にした。


<夢分析>・・けっこう展開的に迫力もあって心から楽しんだ。映画の中の展開なのだが、夢見中はどちらかというと、作り事の展開劇よりはむしろ現実に潜入していくというハラハラ感もあったりして緊張の連続から映画だと忘れてしまいそうな展開が目の覚めるまで続いた。貴重な体験をしたものだ。

2009/9/30教室足場を降りる木村さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です