<夢占い>番組のパーソナリティーとしてオファーされる 

(その1)
・・H監督が学生時代に自主制作で映画など作っていた過程を特集した本(雑誌?)をみる。

その中で、或る作品の為、和田峠に流れる川の上流にある巨大岩で撮影したエピソードや当時の若かりし頃の白黒写真をみる。

その本では他の人々も特集されていてカメラマンのSさんや照明としてYさんもあって撮影現場の写真など満載していた。傍らにそのYさんが居てその本のことを教えると嬉しそうに見たがりさっそくそのページを自分は見せようとする。

 

 

 
(その2)
自分は上田市(長野県)にて活弁する映像監督として知られた身分のなか、フィルムコミッションのスタッフより毎週水曜日に自分がパーソナリティーとして特集する番組(ラジオ?テレビ?)をオファーされる。

・・自分は期待と同時に女装(?)のことが不安になる。

 


<夢分析>・・・いっときの夢物語。自分が有名人にでもなったような展開。ただ、オファーされただけで一度も収録はしてない。そんなハシクレタどこぞとわらないような奴に大任を任しても・・と確かに思う。・・自分もまだまだの人間。まだ成長段階。急ぐこともない。だから浮かれてもいけない。そんなことを悟らせる反面教師的夢と最後に捉えよう・・とするか。

2011/11/26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です