<夢占い>映画上映会でプレスシートをみる

(その1)
・・アパート「サムライコーポ」の一階の部屋の「301」か「401」の中年女性住人が怪しいと(前々からの評判)歌手のコウダクミさん似の人から教えてもらう。そしてその女住人が部屋から出てきて自分に触れると寝ている状態のような平ぺったく萎んでいくような変な感覚に自分はなる。

・・何か魔術的なことをされた?

 
(その2)
・・会社Tで。

CG処理をふんだんに使ったH監督のアニメ映画の上映会(試写会?)が行なわれる劇場での一番上の隅の空間に自分は坐っていると前の席にプロデューサーのAさんらしき人、そして横から入って来たのは作品中のワンシーンを担当した作画さんが来る。自分は上映される作品の助監督か何かを担当したような身分に感じる。

ふと手元に持っていた見開きの映画のプレスシート(チラシ?)を見ると、CGは他にも使われていたということでその例としてこれまでにAフィルムが作った作品と監督名も書かれていてその中に”哲哉”と名前もバッチリ載っていた。

・・その時は自分は会社Tを辞めてAフィルムで活動している身だったので(つまりAフィルムで活動しながらアニメ映画の制作にも加わっていたということ)アピールのような、バレるようなで嬉しいような複雑な気分だった。

 


<夢分析>・・・夢の中での境遇だが、在る訳のない設定とは一概には云えない。実は一時期二束のわらじを履くということではないが、働きながら自分の世界をつくることも考えてた時期もあったので。こんな夢を見ても笑えなく驚きも特になかった。

2010/1/3

プレスシート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です