哲哉と映画パンフレットについて・・

・・そもそもこのブログを立ち上げた時には(日々綴っている)夢日記を投稿をと考えていたのだが、それこそ「夢」というもの、毎日みる(覚えている)時もあれば二週間ちかく全然みない(覚えていない)こともあったりと。だからその(埋め合わせ)・・という訳ではなくとも何かないかな?と考えた末、集めているつもりはないが自然と集まってしまった自分の所有する映画のパンフレットを通じて覚醒時の日記として日々思いついたこと、パンフレットの作品の感想や思い出などを綴りながら幼少の頃からの記憶や好きなことと感動したことなどあれこれを夢日記と並行して書いてみることにした(自分の好きなことだし、なんの努力もいらないからすぐに始められることもあって)。紹介の意もあるが、所詮自分にとっての徒然を紛らわす日記のひとつでもあろうか・・。

博士の異常な愛情1

・・自分にとって映画パンフレットとは・・一言で云うとこれまでの人生においての「教科書」と云いたい。教科書と云っても国語や算数のような学校で無理やり?勉強させられたテキストとは違い、歳を重ねても身につく社会で生きていくうえでの教養(知識)となり、歴史、音楽、美術、文学などなどすべてが揃っていると思うビジュアルテキストとでも云おうか。

(物語や解説、エッセイといった)文字だけでなく、劇中のハイライトシーンのスナップ、出演した美男美女たちのスナップ、さらに作品に付随(関連)したもの(多彩な絵や写真など)の紹介まで情報はふくらみ(・・劇場内で只で貰えるチラシとは圧倒的に情報量も違い目で楽しめ、文章を読んでも存分に楽しめる。有料といっても集まり始まった頃はパンフレット一冊300円から400円も普通でそんなに高価なものではなかっというたし。とはいえ、今では1000円ちかくも珍しくなく・・ちょっと高いね)、初めて知ることに「なるほど~」と感じさせられること多々あり次から次へと興味が枝分かれするように広がっていく楽しみや喜びがある。それ以前に絵画の画集のようにただ眺めているだけでも楽しめるものである。正直、云ってみれば特に深い理由や理論はないのだが。まぁ、単純に映画を観たあと何十年経っていようとパンフレットを見るだけで思い出されるような証明(記念)アイテムのようなものかな。そういったことも含めてパンフレットの魅力でもあるかな・・。

サイコ(改)1

・・そもそも映画パンフレットを知ったのはいつだったろうか?通ってた地元の映画館内ロビーで売られているのを見てからだったかな?初めて買ったパンフレットの作品はなんだったかな?・・もぅ遠い昔なので忘れてしまった(あれだったかな?という目星はついてるが)。

・・ただ、その‟パンフレット”という存在と、より親しくなるようになったことは記憶にハッキリと思い出される。

・・それはシネマショップの存在。当時(実家在住時)、テレビで毎週土曜日の夕方に放送されていたローカル番組内でのコーナーのひとつ「ローカルベスト10」というコーナー(ごく普通の一般人が紹介される、いかにもローカルちっくなもの)で、自分がその時放送を観た限りでは1,2週にわたってベスト10入りしてた(Y町のシネマショップ店長)というのを観て、「なんだ?シネマショップって?」という当時はポカンとして観てたのだが、後日、気になったので電車に乗ってその店に行くことにした(よほど気になったんだなぁ)。ゴミゴミした街中の雑居ビルの狭い階段を2~3F上がり、狭い店舗で構えられていたそのシネマショップに入る。するともぅそこは壁中のポスターに棚には何百何千のチラシやパンフレットの山。どっぷり映画のお宝世界。自分は大興奮。時間も忘れて俳優別から監督別から年代別からいろいろあれこれ見たりしたもんだった(結局、それから何年後かにお店が閉店するまで2~3度通ったかな)。それがパンフレットとの付き合いはじめだったかな。

・・では、数ある映画グッズのなかで自分はなんでパンフレットにこだわったのか?改めて映画パンフレットの魅力とはなんだろう?と考える(・・までもないかな)。まずは映画を観たという証明(記念)アイテムというのが第一に思われる(何年、何十年後にもパンフを開くと記憶や当時の感動が思い出されたりするよね)。では思い出グッズとしてなんでチラシやポスターではなくパンフレットなのか?簡単に云うと、情報量といったとこかな。一枚絵としてのポスターや、表裏のみのペラのチラシとは違い、パンフレットはそれこそポスターのような(作品によってはポスターと同じ)デザインの表紙から、チラシに掲載されている簡単なスタッフ、キャスト紹介だけとは違い、写真付きの俳優、監督の紹介や履歴から、さらに映画についてより深く知る上での解説、物語、そして著名人によるエッセイなど盛りだくさん。まさに作品についてギッシリ情報の詰まったビジュアル本のようなものだね。そんなとこが見たり読んだりしてのパンフレットの魅力といったとこかな。

・・それから(どれから?)というもの、劇場で映画を観た折には必ずと云っていいほどパンフを買ってたね。当時はまだパンフ一冊300円や400円の時代、二本立てを観ても(地元の映画館ではたいてい二本立てだった)二冊買っても1000円しない(それが今や一冊1000円するのも珍しくないよね。ちょっと高いよね)。ということで親から貰ってたおこずかいは映画入場料とパンフ代の2000円ちかくは貰ってたりしたことか。今、思い返すと本当にありがたく感謝というか、思い出されるものがある。その後もパンフレットは学生時代までは映画館で観た作品は、ほぼ100%に近いくらい買ってたと思う。のちに、成人してから(社会人になってから)はよっぽど気に入った(感動、衝撃など)ものしか買わなくなった(経済的理由というより、そこまで買うことにこだわらなくなってしまったから)。

(話は前後するが)レンタルビデオ店というものが世に出てきてからはビデオ(今ではDVD)を観て気に入りシネマショップへパンフを買いに行ったりなどしてたね(その行動は今現在にも至ってる)。ということで、本来なら映画館で映画を観てパンフを買うのが普通だったのが、今では先にパンフを買ってから(古書店やシネマショップで見つけたりするレアなパンフなどが激安で売られてたり、パンフレット化されていたことじたい知らなく思わず買ったりなど)のちにDVDなどで映画を観るということも普通となっている。これも縁であろうか?それまで興味のなかった映画をパンフキッカケで初めて観ることによって「・・こんな映画だったんだ・・」など感動したり、遅ればせながら好きになったりなどいろんな要素を知るキッカケにもなるのであろうかな・・三本足のアロー(改)1

・・さて(また話は前後するが)、‟シネマショップ”というものを知ってからは(好んでパンフレットを買うようになってからは)当時は「スクリーン」や「ロードショウ」「キネ旬」などの映画雑誌に載ってた通信販売の欄にも目を向けカタログを取り寄せたりしてたかな(思いつくだけでも映通社、バートビーリビングストン、赤坂シネマテイクなど。どこだったか?自分の所有するパンフと交換するシステムの会社もあったよね、自分はしなかったけど)切手を送料分同封して送り、もらったカタログにはギッシリと作品名などが書かれてあり、それを眺めているだけでも(欲しいな~と思いふけりながら)一日中過ごせたね。実際は通販ではあまり購入した記憶がない。送料もかかるし、地元の通ってたシネマショップで事足りていたから。

・・そして社会人となって東京に出てくると(と、その前に、既に学生時代には夏休み冬休みにはバスに乗って泊まり込みで映画のイベント兼シネマショップに行ってたものだった)、休日を利用してあちこちあったシネマショップには本当に興奮したものだった。

・・思い起こすと、まずは池袋の文芸座しねぶっていく(‟三本足のアロー”や‟青葉学園物語”のパンフをみつけた時には全身震えるほどの喜びで感動したものだった)、赤坂シネマテイク、渋谷にあったシネマショップ(不愛想と思えるような寡黙な店主が印象的だったかな)、歌舞伎町にあったシネマブティック鷹(こちらはにぎやかな店主のおばちゃんだったかな)、そして今では店舗販売してないがその頃は店舗構えてた三軒茶屋との映通社などなど通ったものだった。本当に東京はすごいなぁとウキウキワクワクだったね。

・・そんなシネマショップ(あくまでも店舗販売)という存在も今では数少なくなったかな(ネットによる通信販売が増えたこともあろう)。だから映画グッズにチカラを入れた古書店などに頼るようになっている現在を思うと(当時を知るだけに)ちょっとした寂しさがあるね。

ある日1

・・ここまでいろいろと書いてきてちょっと云いたいことは、収集(コレクション)している実感は自分にはないこと。ブログの項目のなかにもたしかに‟マイコレクション”などあるのだが、集めようとしているのではなく集まってしまったという言い訳じみたこと(身内の者はアキレている)。

・・それはどういうことか。

数(冊数)ではないから・・。

たしかにこれまでの(現在も進行中だが)集まったパンフを一冊一冊数えたこともなく実際何冊所有してるのだか判らないが(ざっとアバウトで二千冊くらい?)世の中には何万冊と所有してる人も多分いることであろうし(特に自分も競争してる気もサラサラないし)、本当の意味で自分が感動した作品のものや興味のあったりしたものだけが集まったということなので、これからもどんどん増やしていこうという気はなく(逆に増えることでスペース的に困ったりなどエライことになる欠点である)身の丈にあった無理しない程度(これについてはパワーストーンと共通するものがある。無理して高価なものは買わないという点で。)であれこれ探したり買ったりしているものである。

・・こんなこと懲りもせずいつまで続くやら・・。