<夢占い>全裸になったりと芸人の自分・・

・・自分は相方が居ないのか、それとも相方のことを知らないのか・・の芸人の身のよう・・。

まず演芸場に入る前に他の一、二組の芸人と裏で待つ。オール阪神巨人さんらの姿も。自分は退屈に感じギャグのつもりで出入り口の前に入りずらくするように自転車を置き塞いで待ってると、目の前にリムジンのような高級車が来る。自分は急いで自転車をどかす。車から出て来たのは(ゲストの?)新藤兼人監督桂三枝さん。他の芸人たちと共に自分も深々とお辞儀する。そして着替えなどする控え室に入る。中には”しずる”や”はんにゃ”など若手芸人の姿もみえ、出番前の練習などせず他の仲間とワイワイ話す様子がみえる。

自分は待つ間、昔の映画のような動きの速い白黒映画を観て今後の参考にしてみようと思ったりした。

その後、外へ出て道路で子供から大人まで御輿をかついで長々と列をつくっている様子をみる。

すると自分は着ている服を脱ぎ全裸状態になり恥ずかしい思いをする。やっぱりパンツだけでも履いておこうと脱いだ場所に戻ってなんとかパンツだけ履いて恥ずかしさをしのぐ。

再び演芸場の中に戻り風呂場のようなトイレに鍵を閉めて用を足していると外の廊下で仕事仲間のNさんと会社TのKさんが話している声が聞こえる。Kさんが花見か何かのイベントに何人かを誘っているらしいがNさんは断わっているらしく話しの中で「・・哲哉さんも行かないと思いますよ・・」のようなことを言っている。

急に体を突かれ振り返ると、ある芸人からスズムシの入ったカゴと首の部分だけのバッタを見せつけられた。


<夢分析>・・まさに本当に自分が芸人になったようなリアルさ。周りではいろんな人々がドタバタ動き、自分は自分で不条理な展開に右往左往し、なんだか忙しい喜劇的群像劇といった感じ。

2009/9/25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です