<夢占い>自分の作品に母がナレーションする

(その1)

・・自分の薄くなった頭頂部を見る。少々不安に思った。

 

 

(その2)

・・そこは日本テレビのアフレコスタジオ? 自分と今まで作った作品についての特集が、或る番組内で紹介されるにあたって、そこへナレーションとして番組の中で披露することになる。そして自分で考えた原稿を持ってニコニコしながらナレーションブースに入っていく母を見る。

 

 

(その3)

・・自分はフィリピンで知り合った家族に久しぶりに会いに行こうとチケットを持ってへ。そこに両親も居て一緒に行こうとする。

・・駅に着いた時点で目的地行きの列車の発車時間ギリギリだったが、両親が乗車の際に(消毒の為なのか)オレンジ色したマットを踏まなくてはいけないシステムやら、ホームへ行けば看板も何の表示も無くどの列車に乗ればいいのか解らず結局乗り逃してしまう。しかし、自分も両親にとってもチケット代はタダのようなもので、しかもフィリピンの家族に会いに行くのも絶対じゃなかったのでガッカリ感もなくあっさりと諦める。・・と、急に父の姿が無く、もしかして列車に乗り込んだ?


<夢分析>・・・今日はふたつのことに。ひとつは日頃薄くなってきている自分の髪の問題からつい見てしまった夢と、(その2)の夢で改めて文章を読むと確かに(現実において)実家で母と話したりしてると母は笑いながら昔から夢で(願望の方の夢)声優がいいなぁと言ってたりナレーションなんかやってみたかったなど聞いたことがある。そんなことを思いながら(その2)をみると、念願かなったような母の喜びがひしひしと伝わってくる。自分も嬉しい。

2011/10/12黒い車体の列車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です