<夢占い>アパート間を走るジェットコースターに乗る 

(その1)
夢の中で二度ほど両手のひらを眺めて明晰夢を確認しようとする。今回は明晰夢を確認しつつも女に奔らず、神技的な体験をしてみようと考えるが・・

・・特に何も起こらなかった。

 
(その2)
(・・現在、現実の世界でも考えているように・・)床屋で頭のサイドと後ろを極力短く刈り上げてもらおうとして、その参考としてモデルの写真を探して店主にこんな感じでと指摘する。

 
(その3)
或る店のレポートとして竹中直人さんをレポーター役の番組の演出を自分が担当する。

母も見学に来ていた。

・・撮影前、カンペのチェックを念入りに竹中さんから受ける。その際、竹中さんからカンペの一枚一枚の意味を判っているのかどうか厳しく自分に問う。美術スタッフが非常口の衝立を造って店の中に飾っている。

それらの様子を見ていた母はニコニコしてた。

本番前、どう撮るか自分はカメラマンとチェック(打ち合わせ)する。

 
(その4)
自分は何処へ向かおうとしてたのか判らなかったが、簡易遊園地にあるミニジェットコースターのような二両編成の列車に乗る。駅に着く寸前には込み入ったアパートの建ち並ぶ間をクネクネ曲がったりして360°回転してケーブルカーのように急坂を登っていく。自分は他の客らと共にストッと列車から降り進路の階段を上がっていく。

降りるとき車窓からはアパートの外で若者が洗濯している様子など見えた。

 


<夢分析>・・・特に(その4)の夢。単にジェットコースターに乗ってて揺れもありスリリングあり臨場感ありの楽しい夢だった。

2013/6/12列車から見た光景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です