<夢占い>名画をコピーして説教される

(その1)
絵を描く参考として(もしくは本当は絵が欲しかった?)仲間と2人で絵の専門店に行く。

いつの間にか仲間がいなくなり、主人も店を出ると自分も外まで後をつけ、いなくなったのを見やった後、店に戻りコソっと鍵の掛かっていないドアから入りいろんな名画のコピーをする。そしてファイルに入れる。

別の部屋から戻ると店の主人が窓から一度覗いて帰ってきていた。そして自分がコピーしてファイルに入れたものを証拠品として手に持っていた。自分は万引きした人間が店の経営者に突き詰められているように、警察へ通報するかどうか説教される

店の主人は言う「絵を描いたり加工したりするのにこれ(手元にあった機械)だって8万かかったりしている。」

自分はただただ罪意識にシュンと頭をうなだれる。

 
(その2)
学校(会社?)の席の配置換えを各自好きな所に置くことに。畳敷きのいくつかの部屋のある中、先にいろいろと場所がとられ、自分の机を置くスペースがなくなる。

 
(その3)
絵画ムンクの「叫び」を見る。

 
(その4)
学校の教室で自分は一番後ろの席に坐ってホームルームをうける。両隣の席には自分が背伸びをしても追いつけない程の高身長の女生徒が坐る。

 
(その5)
高校野球の予選試合で赤いユニフォームのアメリカの高校が日本の高校のチームに勝ってスタンドのチアガールはじめ応援していた人々が大喜びする様子をみる。

 


<夢分析>・・・今月再び短編集の5本立て。過去の記憶や見たテレビや映画などの記憶によるコラージュ(であろう)。

2009/9/18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です