<夢占い>映画の撮影で孤独を味わう

・・自分が演出の自主制作映画(芸人の陣内貴則さんが出演、内容は判らない)を撮ることに。

ただ周りのスタッフのひとりが勝手に「よぉーい、スタート」など合図して始めたりしている。

最初のカットは、坂道で女が歩くのをカメラがPANして追うカット。カットが掛かったあと、自分はその役者に聞いて今撮ったのは”カット(17)”だとわかる。

その後、小道具など沢山置かれた楽屋のような所にいると、控えていた役者のひとりが自分に向かって

「哲哉という監督は何がしたいのかよく判らん。今回の台本の内容も判らん。」など云う。

ちょうど台本を探していた自分にその役者が台本を渡そうとするが、不機嫌になった自分はコピーの台本を掴んで外に出る。

外に出ると自分たちの撮影現場のすぐ隣で韓国の撮影クルーたちが土の斜面の上で4、5台のシャベルカーやフォークリフトがグルグルシャフトを回して撮影してる様子を見かけ、その大作ぶりに自分は驚く。自分はその中の一台がシャフトを360度回転させているそばをギリギリ避けながら歩き、陣内さんには挨拶しなければいけないと思いつつ探しつつ(結局見つからなかった)、周りではカメラマンはじめ熟練のスタッフたちが自分抜きで以後の撮影の段取りの打ち合わせをしてる姿をみる。・・孤独感を味わう。

・・その後、現場を離れ、歩きながら会う人出会う人(女など)に強引に接吻をしかけ堪能する。その時は明晰夢状態ではなかったが会う女のクチの中の歯の裏まで構わずジュルジュルと舌を這わせるなど数人の女を抱きしめ接吻行為を繰り返す。

 


<夢分析>・・・映画や撮影絡みからいつもの思いグセの夢だろうな、という展開から一転して明晰夢のようなガラリと変わった展開となる。自分で操作してる訳ではないのであれよという風に事は進んでいく。しかし結局は明晰夢となったのだが、そうとわかるとやる行動はいつもの女あさりになってしまう。色情としての自分だからしょうがないと思うのだがいい加減もっと他のパターンに行動を移すことは考えられないのか?自分で自分を問うてしまう。

2012/8/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です