(映画パンフレット)『しんぼる』

しんぼる1しんぼる2

 松本人志(ダウンタウン)監督作品『しんぼる』(2009年)。

期待して観に行った長編第一作「大日本人」に続いての二作目。

パンフレットの中では観る人それぞれにゆだねると制作者側のコメントなどあるが、個人的には残念ながら笑いも感動も特になく正直どう捉えていいのか・・唸ってしまった。

正直な感想云えば、映画館でテレビのコント番組を観てるような感覚だったかな・・。

悪しかれ、笑わせよう笑わせようとされると案外観てる側は引いてしまうものでもある。

・・映画ってなんだろ?

・・巷によく云われる(対比されることの例のひとつとして)ビートたけし(北野武)監督がいる。自分は北野映画は第一作目「その男~」から今も期待しながら喜んで欠かさずに観に行き期待どおり(期待以上の)鑑賞感に支持している。確かに部分的にコント的シークエンスもあったりするのだが、台本が無いとは云え展開にちゃんとしたストーリーがあり北野バイオレンス、北野ブルー、少ないセリフまわしなど個人的ツボにはまる独特な色がある(だからか、賛否もたしかに分かれる)。

さて、松本人志監督映画。この作品で以後の作品を観るのが尽きてしまった。この映画にしても主演のパジャマ着た男がどう観ても松本さん(マッチャン)にしか見えず、一挙手一投足がコント(個人的には笑えなかった)にしか観えなかった。

観始めて、映画は全編閉じ込められた部屋での脱出劇かなと思ってたのだが(なんだか無理に足されたかのような)メキシコシークエンスなどあり(確かにラストに至りつながるのだが)無くても良かったんじゃないかと・・。

三作目の「さや侍」以降の松本映画は未観だが、今後どんなブッとんだセンセーショナル映画をつくるのか今でも期待はしてるのだが

・・さてどんなものか・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です