(映画パンフレット)『みじかくも美しく燃え』

みじかくも美しく燃え1みじかくも美しく燃え2

  ボー・ヴィーデルベリ監督作品『みじかくも美しく燃え』(1967)。

・・まずパンフレットの表紙。淡い紗(ソフトフォーカス)のかかった色合いを見ると、アールヌーボー調の絵画(ミュシャの描いた広告キャラを感じさせる)のように美しい。見惚れる。

そして映画の内容、感想以前に映画のタイトル(邦題)が特にいいね。原題の「エルビア・マディガン(主人公の名前)」よりも文芸的ひびきもあって題名からして映画を盛り立てている。

・・”盛り立てる”と云えば、スコア(サントラ)のチカラもある。過去の名作にも”ワルキューレの騎行”といえば『地獄の黙示録』、マーラーの交響曲第5番第4楽章のアダージョといえば『ベニスに死す』などサウンドトラックとしてのクラシックのチカラは大きい。・・そしてこの映画。全編にわたってモーツァルトのピアノ協奏曲第21番が美しく、切なく流れる。

・・ふつうだったら(現実でも映画においてでも)他人の恋人たちのイチャつきなんか見てられるか!と思うのが常だが、佐良直美さんの歌”~ふたりの為~、世界はあるの~”じゃないけど、エデンの園のアダムとイヴのようなこの映画の二人の仲睦まじさにやさしく見守ってあげたくなる。

とはいえ、人間、生きていく以上、飢えをしのがなくてはならない。主演のピア・デゲルマルク(マリア・シェル似)の外見の可愛らしさに綱渡り芸人とは不つり合いというか違和感あった彼女も飢えをしのぐ為、キノコを野いちごを貪る姿が観てて他人事ながら辛く悲しかった。

・・そしてストップモーションとなったラストカットにかぶさる二発の銃声。北野監督の「HANABI」もそうだったが、・・切ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です