(映画パンフレット)『トワイライトゾーン 超次元の体験』

トワイライトゾーン1

 ジョン・ランディス、スティーブン・スピルバーグ、ジョー・ダンテ、ジョージ・ミラーの4人の監督によるオムニバス映画『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1984年)。

・・最初に自分がこの映画を知ったのはヴィック・モロー事故死の報道からだったと思う。それまで映画も観てなかったし、俳優ヴィック・モローに関しても知らなかった。当時は撮影中の凄惨な事故の瞬間映像などが番組”決定的瞬間”ものや”重大事件事故史”ものなどに度々出てたことを憶えてる。なので初めてこの映画を観る際第一話のヴィック・モロー主演のエピソードでは途中観るのがつらく思えたこともあったりと・・。

もう今では全編楽しく観られるのだが中でも特に自分が好きなのは四話目の主演にジョン・リスゴーによる機内パニックもの。ホラー要素もあって全編ドキドキさせられる。

こういう著名な監督によるオムニバスものも日本でも作られていいと思うのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です