(映画パンフレット)『バタフライ・エフェクト』

バタフライ1バタフライ2

 エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー監督作品『バタフライ・エフェクト』(2004)。

・・”バタフライ・エフェクト(バタフライ効果)”・・些細な変化が徐々に大きな変化を起こすというカオス理論。日本でいう”風が吹いたら桶屋が儲かる”のような意。初めて知った。

・・題名だけは公開時から知ってたけど特に今まで観たいとは正直思ってなかった。

先日、BOOK OFFのパンフ棚で108円で売られていたのを手に取って表紙のデザインも気に入ったこともあって映画はどんなものかと購入後、即鑑賞。ちなみにパンフでの解説や評論ページで繰り返し他作品のタイムトラベルの例として自分もお気に入り傑作映画のひとつ『ある日どこかで』が複数挙げられていてとても喜ばしい。

・・映画は”人生やり直しゲーム”のようなものかな?

過去に観たいろんな映画、『バック・トゥ~』『ミッション8~』『メメント』など思い起こさせるような、タイムトラベルのような、夢見のような、そんな映画だったね。

劇中で主人公が日記を読んでる間、文字がバラバラ動き出して更に周りの背景がボヤ~と変わっていく様は、なんだかこれまでに何度と体験した自分の明晰夢になる瞬間の変わりばえになんとなく似ているような・・映画を観てて「あれ?なんか似てるな~」と思わずツッコむほどだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です