(映画パンフレット)『十九歳の地図』

十九歳の地図1十九歳の地図2

十九歳の地図(本)

中上健次の同名小説を映画化。柳町光男監督作品『十九歳の地図』(1979)

・・ATG(アートシアター)映画を思い起こさせる、屈折した主人公のアウトサイダー映画。女にも奥手な主人公の「ぼく」を見てると、『タクシードライバー』のトラヴィス(デニーロ)のようにも思えたり。

地図をつくって家の一軒一軒に×印をつけるあたりを観てると、ひと昔前の韓国映画だったか(中国映画だったかな?)、劇中、主人公が住宅地の家々を一軒一軒まわっていって家人が在宅か留守化をチェックする・・そんな一場面をつい思い出してしまったりと。ちなみにその映画のタイトルもどんな映画だったかも思い出せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です