(映画パンフレット)『多羅尾伴内(小林旭)』

多羅尾伴内1多羅尾伴内2

鈴木則文監督作品『多羅尾伴内』(1978)フライヤー

・・この映画は、いつ頃だったかな?・・土曜ワイド劇場で天地茂さん主演のシリーズ「江戸川乱歩美女シリーズ」がやってた頃だったかな?(リアルタイムで放映時なにかと観てたような記憶。勿論親が観てた横で観てたという)・・或る昼間での地上波放送で何気なく観たんじゃないかな・・。ただ何気なくとはいえ、冒頭の大観衆の球場のなかでの殺人に始まり(「四万人の目撃者」を思わせる)、いまでも強烈に記憶に残る(或る意味トラウマショックシーン)胴体切り殺人や何度も車で轢く殺人など何十年経った今でも忘れられない生涯の一本となってる。だからか、未パンフとしてはとても残念(次作の「鬼面村の惨劇」も)。

・・先日久しぶりに観た。初めて観た際にはあまりにものショッキングな殺人(ワイヤーに宙吊りされの胴体切り)には声も詰まってしまい固まってしまったのだが(或る意味脳裏に何十年と残るトラウマチックな映画となった)、今回は既に知ってる為か(怖いことは怖かったのだが)まぁなんとかうわぁ!嫌だな~というほどでもなくなんとか普通に観られたかな。 とはいえなにげにネットでみた情報によると(初めて知って驚いた)、この自分にとってのトラウマ殺人シーンの胴体切り、実際に起きた事件(事故)を監督が参考に演出したと。その事件内容を知って震えてしまった。今となってはこちらの方がトラウマとなりそう・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です