(映画パンフレット)『13 ザメッティ』

ザメッティ1ザメッティ2

   製作・脚本・監督のゲラ・バブルアニ作品『13 ザメッティ』(2005年)。

・・公開前、ロビーのチラシを見てそのセンセーショナルな内容に興味をもち期待のなか鑑賞。とはいえ、救いようのない、重たく、暗い映画にドォ~ンと帰路の足どりの重たかったこと。でならこそ映画でしか体感できない衝撃には満足(過去の自分の夢にも似たようなものがあったような・・)。

類似?他作品で云う「ホステル」のロシアン・ルーレット版だなと思ったりも・・。

ただ、日常的な展開と描写にリアルさが感じられたのだが、個人的にひとつ、あれ?と思ったことがひとつ。あれだけ至近距離から発砲して弾が当たっているにも関わらず倒れた各死体から血が全然出ていないようにも見えたのだが。これまたリアル描写映画、スピルバーグの「シンドラーのリスト」やポランスキーの「ピアニスト」などでの戦下での人々が射殺されるシーンなど観ると撃たれた直後にピュ~と血が噴き出す(惨さにとても観ちゃいられない)さまが描かれる。そんなことが頭によぎったりして、あれ?と思ったり。

・・ラストカットの乗り物(この映画では電車)に乗っていながら絶命していくさまは、まさに「GONIN」(石井隆監督)と一緒だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です