(映画パンフレット)(キューブリック作品)『博士の異常な愛情(プレス)』

博士の異常な愛情(プレス)1博士の異常な愛情(プレス)2博士の異常な愛情5

スタンリー・キューブリック監督作品『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(1964)プレスシート

・・パンフ界の王様、同作品のパンフを手に入れる前に先に手に入れた。もう表紙を見てるだけでゾクゾクする(のちにパンフを見た際には恍惚状態に・・)。

 

・・映画の感想としては何度も観てる作品なので(観すぎて)あまりここでは書ききれない。ただ、お気に入りのシーンとしてまぁひとつ挙げるとしたら、やはり冒頭のタイトルシークエンスかな。癒される聴き心地の良い映画版のスコアtry a little tendernessをバックに爆撃機の燃料補給のくだり。露骨なセクシャリティを連想せずにはいられない、観る度苦笑してしまうシークエンス。あとは流石ピーター・セラーズの3役(本当は4役?)の怪演ぶりには何度観ても惹きこまれるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です