(映画パンフレット)(伊丹十三作品)『スーパーの女』

スーパーの女1スーパーの女2

伊丹十三監督作品(九作目)『スーパーの女』(1996)

・・伊丹全作品を振り返ってこの映画は全体的に重っ苦しさや難解さがあまり感じらず(個人的捉え)、のちの三谷幸喜監督作品のようなライトな感じ(イメージ)の印象だった、全十作品のなかでも最もライトな感じに思えた作品。例えが悪いが、ちょうど北野武監督作品のなかで「龍三と七人の子分たち」を観た後のような鑑賞感を受けたような作品(どちらの映画も最後は大型車によるカーチェイスなどあったよね)。なので衝撃度は薄いので(エロ、グロ、ナンセンスの無いわかりやすい作品)そのせいか、あまり記憶的にも残ってなかったり(どんな展開だったかなど)。

・・やっぱり(リパック)問題がメインの提唱だったのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です