(映画パンフレット)(伊丹十三作品)『静かな生活』

静かな生活1静かな生活2

伊丹十三監督作品(八作目)『静かな生活』(1995)

・・ノーベル文学賞作家、大江健三郎の同名小説(未読)を映画化。

・・面白かった、面白くなかった・・というよりさすがに鑑賞後感として気持ちが良くなかったなぁ。不快感残った。ということは(褒めの意味で)今井さんのキャラのホントに嫌だったこと。緒川たまきさん(自分にとってはパワーストーンの世界に導いてくれた人)は良かったね。あと、批判というほどでもないけど、主演の渡部篤郎さんの大江光さん像には(それまでにもドキュメンタリーものなどで本物の光さんを見たりしてたので)ちょっとキャスティング的に違和感あったね(光さんに見えないまったく違うキャラに見えた)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です