(映画パンフレット) 『ヒート』

ヒート1ヒート2ヒート3

・・ナイトシーンの魔術師(勝手に命名)、マイケル・マン監督『ヒート』(1995年)。

・・ちょうど同じ頃、これまたデニーロ出演映画『カジノ』(スコセッシ監督)と続けて観たのだったが記憶的、インパクト的、感銘的度合いに関してはこの作品に軍配。なにしろアル・パチーノとデニーロがひとつの画面で一緒に映る共演ぶり(半分もしかしたら嘘かもと思ったりもした)に身の毛が立ったことを覚えてる。

パンフレットに関しては中に掲載されてる写真の一枚一枚が格好いい。ほんとに、映画の中味しかり”男くさい”映画だ。それに本当にマイケル・マン監督作品は夜の舞台が似合う。力量発揮といったとこか・・。また映画の違う面からとして、日本版予告編でのキャッチフレーズ・・

”今高鳴る銃撃のシンフォニー”・・しびれる・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です