(書籍)(アメリカ横断ウルトラクイズ)『第7回アメリカ横断ウルトラクイズ』

アメリカ横断ウルトラクイズ7-1アメリカ横断ウルトラクイズ7-2

  『第7回アメリカ横断ウルトラクイズ』(1983年)日本テレビ出版

 クイズ王(横田尚) 優勝賞品(自分で組み建てねばならないログハウス)

・・或る個人のサイトでのデータによると、全16回の大会の中でこの大会のテレビの視聴率が最高の大会だったとあるが、自分も同じく過去の大会のなかで記憶をたどると、この第7回大会が一番思い出に(記憶に)残ってる。いわば最も好きな大会のひとつかな。

まだこの大会の頃は参加者に一般人が多数で大学生のクイズ研究会たちの存在も少なく、かえってそのことが良いと思う。

・・当時、ウチには録画するビデオも無かったことから自分は何かしらこの放送を記録しようとカセットテープレコーダー(まだCDも無かった頃)をテレビのスピーカーにくっつけて音を採るだけ採ったものだった。なによりまずウルトラクイズのテーマ曲”メイナード・ファーガソンの「スタートレックのテーマ」”を採りたくて福留さんのナレーション混じりや提供のアナウンスも一緒に録音されたのだが、いざ採ると、まさにテープが擦り切れるほどその後聴いたものだった。

・・この大会の参加者に関して個人的に強く応援する人は特にいなかったが第13チェックポイントの”オルバニー”で金時娘こと松本真代さんが落ちた時は残念感大だった。結局、優勝には駅前旅館(この大会から何年か経った後、某駅前のそれらしき旅館をみつけて感動したことがある・・が、開発によってか、今は無い)の若旦那こと横田さんに決まり優勝商品のログハウスを建て込みぶりが良かった。しかもバックに流れる曲がこれまた良い。建て込み中の曲にポール・モーリアの”可愛いラブバード”、そしてエンディングに至り良い雰囲気に余韻を残す美しい響きが印象に残る。

最後の追記として・・準決勝のボストンでの罰ゲームでモデルとなった今井さん。放送では何時間も立たされてたというのだが、実際のところ(テレビ用として?)本当はどれだけ立ったりしたのだろうか?どうでもいいことかもしれないけれど・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です