(書籍)(夢に関する本)『夢の現象学・入門』

夢の現象学入門1夢の現象学入門2

 渡辺恒夫著『夢の現象学・入門』(2016)講談社選書メチエ

・・まず帯の(ブログ夢日記もお勧め)に目がとまった。主題の「現象学」云々に関してはやっぱり自分には難しくて(専門用語多いし)あんまり頭に入らなかったな。歴史や人物など知識に関してはそれ程興味がない。そのなかで注目したのは初めて知った物理学者マッハによる(自画像)かな。自分も日々夢日記に付けてイラストを描いてるなかで一番手前に主観者としての自分の姿を描いてるのだが、もっと忠実に描くとなるとこのマッハの自画像のような視点になるだろうね。あまりのリアルチックさに思わずクスリと笑ってしまった。187頁の「まずブログで夢日記を書きなさい」の項はよかったね。ネットでの夢日記公開の推奨だね。いろいろ公開する上での著者による注意事項などあって自分は守られているかな?などグレーな部分もいろいろあるけどまぁそれはそれとして・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です