<夢占い>奇岩地帯の観光地を巡る

(先日観た映画「ゴンドラ」の舞台となった仏が浦というわけじゃないが奇岩地帯(観光地)をブラリ歩いた夢だったなぁ)

・・(そこが日本だったのか中国だったのか定かでない。ただ、周りには日本語を話す人はいなかった)・・

・・まわりに大勢の観光客たちの見られるなか自分は途中までバイクに乗ってきて或る地点からはバイクでは移動できないとみて周りで大勢の人々が行きかっているのを承知の上バイクの鍵をつけたまま置いてその先へと歩いていく。

その後バイクのもとに戻ろうと行けども行けどもバイクが見当たらない。通りかかった売店群のなかの或るブースの日本語の話せるおばちゃんに聞いてみると「それは大変なことをした。もしかしたら盗まれたかもしれない、どこか持っていかれたかもしれない・・」など云われる。そして店をあとにしようとする際、お守りなのか何の為のものだったのか、やさしく首に紐付きの鍵をかけてくれる。

・・自分はその観光地で写真を一枚も撮ってないことに気づき、来た記念として一枚くらい撮っておこうかと思いメインのスポットまで戻ろと考えるのだが、あまりにもここまで長距離を歩いてきてしまったため諦める(同時に見てきた絶景の記憶が写真にかわるものだろうと自分で自分をなぐさめる)。

・・その後、男女2人のケーブルテレビの社員と自分は挨拶を交わし女性社員から名刺をもらう(自分のことをどこかの担当者だと思った?)。そして女性社員と話すなか壁に掛けられた地図を見ながら自分はこれまで行ってきた奇岩地帯のことを話そうと・・したのだが地名が全然思い出せなくて説明できなかった。


<夢分析>・・・また大勢の人々の登場する夢だ(まぁ観光地だからね)。ゴツゴツとした巨岩など仏が浦を思わせる地帯を楽しく歩いたもんだった。ちなみに未だに行こう行こうとは思いつつ仏が浦には行っていない。いつか行ってみたいものだ。今回夢で出会った人として、売店のおばちゃんやケーブルテレビの若い女性社員といい皆ニコニコやさしく気持ちよく自分に接してくれたなぁ。おばちゃんから首にかけられたお守りのような紐付きの鍵はなんの暗示だろ? あと気づいたんだが、先日の夢の場所で学校の課外授業で行った石に関するテーマパークのような公園といい今回の奇岩地帯といい、石、岩に関するものが続いてるね。関連性があるのだろうかね?たしかに普段から鉱石(貴石)、龍安寺などの庭園の石、一度は行ってみたいと思ってる仏が浦(奇岩地帯)など関心や興味のあるものには違いないのだが・・そういった自分にとって興味のある想念が今回の夢にも見させたのだろうかね?

2017/2/25奇岩地帯の観光地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です