<夢占い>完全でない半明晰状態で夜の街を彷徨う

~夜中にトイレにたったまでの1,2時間の間にみた夢。右腕を下に横向いた格好で寝てた半明晰夢、両手のひらは今回は見つめてない。~

・・薄々、これは夢かな?と意識するとそこ(自分の部屋)らしき狭い部屋内の宙を浮遊する(天井近くまで上に上がり部屋内を俯瞰で見たり)。そしてそのまま外に出たく思い頭突きで窓ガラスを割って外へと出る。

外は夜中の町。社宅のようなマンションのような建物のそばを歩きながらベランダ越しにみえる各部屋を伺う(どの部屋もひっそりと静かで、頭をこちら側に向けて寝てる男の姿などがみえたり)。そんな光景を目にしながら自分は強引に部屋の中に入ることはしない(完全に部屋の中に居るのが女性だと判らない限り)。そのまま建物を過ぎしばらくそのまま歩いてると目の先に2人の女学生らしきが歩いてるのが見えると自分は「一緒に帰ろうよ~(自分でも分かるくらいスケベなオヤジ口調で)」と云いながらうちひとりを強引に抱きしめ接吻する。ジュルジュルと音たてながら舌を吸う。


<夢分析>・・・今回、半明晰夢と書いたのは社宅らしきマンションの二階三階と上の方へと手をバタつかせ飛ぼうとしたのだがうまく浮かぶことができなかったことから(完全に自由が効かなかった)。

2017/10/13半明晰で女学生を見つける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です