<夢占い> 明晰夢で女子社員と中年女性に接する

(その1)

・・行きつけらしい古書店の棚にあった火野葦平著のシュールな戦後の証言ものが目にとまり、長年探していたのか、面白そうに思えたのか、さっそく脚立に上がって取ろうとする。

 

 

(その2)

・・(車の中で?)・・ バカリズムさん と共同でネタづくりする。流れの途中でまったく関係のないシュールな映像を挟んだりとお互い笑いながら考える。ただ、観客にとってなんのことだか流れれが判らなくなる恐れからネタの主導権を自分はバカリズムさんに譲る。

そしてそのネタがウィル・スミスさんによって演じられる。観ていてウィルさんが凶暴なふりしてまったく無害なミニコントのようだった。

 

 

(その3)

・・親指の爪のサイドを爪切りで切りすぎて中からが出てきて玉状になる。

 

 

(その4)

・・会社Tの社食(セルフサービス)で、自分の同期5人が3人になってしまった時に、”こんなんだから助監から抜け出せない”など、先々の進展のことを思い自分も、もうすぐ辞めるつもりだという心境を話す。

 

 

(その5)

・・周りにホテルのような大型施設の建物がならぶ処での屋外の公衆トイレ(赤い扉)に何人か並んでいて自分は奥から扉を開けて中を覗くが壁のみで中に便器がない部屋が続き諦めてその屋外トイレからそれほど離れていない場所の建物内の廊下に埋め込まれたような判りづらい薄暗く狭いトイレに入って悠々と用をたす。

 

~二度寝目(AM7~AM9)~

(その6)

・・自分は建築の派遣調査員のようで、各地を調べまわって仕事しているよう。

さっそく或る会社から調査に来てくれと電話を受ける(その時電話相手の顔も見えて、作家の岩下さんだった)。そして会社に出向き入り口の守衛所で抱えていた会社名の書かれたバッグを提示しながら電話を受けて調査に来たことを告げると、その電話主のもとへと通される。社内はギュウギュウに机が並べられているごったがえしの事務所。その中でひしめいて仕事してる人々。狭い合間を通って電話相手の担当の人に会っていろいろ話していると、抱えていたバッグの社名のワッペンに興味を示す女子社員が。しかも引っ張って取ろうとするので「それは止めて下さい。」と穏やかにとめる。すると笑いながら同僚の女子社員とどこかへ行ってしまった。

(・・ここで徐々に夢の中に居ることを把握していくようになる・・)明晰夢

・・自分は意識を持ってそこに居る社員のひとりひとりの顔を確認するかのように見回りながら歩き、ある資料棚の前に居た幼い顔の女子社員(容貌はフィギアスケートの宮原さん似)に目をとめるとさっそく傍に近づき両手で顔を挟み強引に接吻する。ワナワナ震えながらもされるがままの女子社員。調子にのって自分は更に社員の口のなか隅々に舌をねじ込んでいく。

・・といったように真面目に調査員として出向いたはずの自分は急に性犯罪者のようになる(この時点で半分明晰状態)。

そして外へと出ると歩道を歩いてきた大きなバッグを抱えた胸の大きな中年女性(50代くらいのパーマヘアー)の姿を捉えるとさっそく近づいて一緒に並んで歩く。そして大きく開いた胸の谷間に自分は手を差し込みまさぐる。歩きながら女性はこちらにチラリと笑みをうかべる(されるがまま)。そして自分は女性を制止し露わになった大きな乳房を触り二つの乳首を指でつついたりと弄ぶ。すると二つの乳房は内側に寄り合い乳首がくっ付きそうな状態になる。その姿をみているうちに・・・目が覚める。

起きた時、(いまどき珍しいが)はち切れんばかりに自分の下半身は起立していた。


 

<夢分析>昨夜、片付けの際、しなってとんだ電源コードを眉間にぶつけ損傷し流血。明晰夢に出てきた宮原さん(似)はテレビで見かけた影響だろう。・・今回も余すことなく恥ずかしがらず書いた。久しぶりの明晰夢だった。夢のなかでの色情としての自分もさぞ堪能したことだろう。

<夢占い>・・明晰夢・・夢であることを自覚しながら見ている夢のこと。夢の中で「これは夢だ」と気付き自分の意志で自由自在に行動出来ることをいう。夢の内容を好きな様に作って行くことが可能で、夢を見ていながら、まるで目覚めて活動しているときの様な感覚で夢であることをはっきり自覚出来ている状態などあり、鮮明である。

2015/4/16古書店の棚ほか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です