<夢占い>物陰からスタッフたちをこっそり見る

・・会社Tでの劇場作品(たぶん「K」)の助監督(何人かいるなかのひとりとして)として自分も携わっている。

・・夜、打ち合わせとして背景(美術さん)のひとりと話した後、本来なら家に帰って一晩ゆっくり寝て翌日の朝に出社したいと思うのだが、スケジュールが切迫している為そんな余裕も無いし・・。

監督のNさんとUさん(たぶんプロデューサー)が内容について話しているそばで居た自分は隙をみてコッソリ家に帰ってゆっくり寝ようとしたのだが、いざ抜け出るところを見られてしまい自分は咄嗟に「いったん風呂に入ってきます(すぐ戻りますの意)」と、ことわって出ていく。そして一時的を装うためスタジオの周りを歩いてしばらくの間時間をつぶすことにする。

その辺りの場所は電柱に貼られた住所をみると埼玉県の戸部区(現実にはない)の表記。

いっとき風呂に入ってすぐに戻ると云ってしまったためスタジオの周りをグルリ歩き回り、ある物陰からコッソリNさんらがいたところを覗いて見るとまだいて、ストーリーの中での検証(重要なトリック?)を自分たち何人かで演じているのを見る。本来なら助監督として自分も加わるべきなのだが、なにか積極性が感じられなく皆のもとへ戻る気もない。なのでNさん、Uさんともうひとりのスタッフで再現検証してる様子を自分はしばらく物陰から見ながら、ある程度時間が経ったら仕方なくスタジオへ戻ろうと渋々決める。

 


 

<夢分析>・・・今年度最後の夢日記。・・やっぱりこれかぁ・・。繰り返し見る会社Tの夢。”見たい”として見る夢でなく”自然と見てしまう”夢。やはり自分にはモノを作ることに関わるひとりとしてあるべきなのだろうか?最近≪孤独≫≪孤高≫に親身の自分だが、それとは別に多くの人と共にクリエイトなことをすべきだという暗示や教えがあるのだろうか?

2015/12/31物陰からコッソリ見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です