<夢占い>長澤まさみさんと至福の時間を過ごす

(その1)

・・(イメージ的にはスピルバーグ監督の新作だったな?)・・

・・チケットを買って座席に(前方の右隅の方)座るとスクリーンに被さるようにオヴジェ?なんらかの障害物により三分の一ほどスクリーンがかくれてしまい観えにくい位置だとわかる。困ったなぁと思いながら、まだ上映前の休憩時間だったのでいったんロビーに行ってうろついたりしながら上映開始寸前のある程度席が埋まった(客が座った段階)でまだ空いている観やすい席に移って観ようかと考え、上映開始までしばらく待つことにする。

~いったん6時すぎにトイレに行きたく目が覚めベッドに座る。すると眠気もなかったので枕元の読みかけ途中の「アンネの日記」を10ページほど読み、明かりを消し9時に目が覚めるまでにみた不思議と喜びに感動した夢~

(その2)

・・(それまでどうやって知り合ったのか、同級生?元々の友達?どれほどの仲の良さなのか詳細は不明)・・

・・恐れ多くも恋人というよりは友達のような自分と親しい関係の長澤まさみさんなったってたと会うと、彼女が借りている3~4階建てのマンションのいつもの3階の部屋へ一緒に入ると思いきや今日(今回)は2階の部屋へと入る。2階の部屋はマンションの構造から屋根部分の傾斜が2階のフロアが傾いていることから「~~の部屋(の間)」など云われる6畳の部屋。そこで二人寝転びながらしばらく憩うことに。彼女はいつもの上の3階のとこの2階の二部屋を借りているらしい(さすが裕福だぁと思いつつ同時に事務所で借りてるのかな?とも思ったり)。

・・その後、お互い裸になり仲良く抱擁する。自分は(あの長澤まさみを)怖れ多くもやさしく後ろから腕をまわして抱える態勢でしばらく憩う(いつまでもこうしていたいなぁと願いながら)。しばらくは目の前で体を重ねてる長澤さんも自分に体を委ねてにこやかに接していたのだが急に真顔(不審な目つきになってた?)になると言葉も発しなくなり黙ったまま何も云わなくなってしまう。・・あれ?どうしっちゃったんだろ?黙ってしまう前に自分はふと体を重ねてる長澤さんの裸体の局部あたりを目にする。すると小さいながらも男性器のような突起物(後ろから手をまわし体を抱きかかえる際には女性のように胸のふくらみもあった)。そのモノ(突起物)を見た瞬間(まるで「クライングゲーム」のようだったかな)一瞬驚きとともに「(心の中で)え!男だったの?」「性転換手術した?」など思ったりもしたのだが・・そんなの全然気にしない。自分にとって長澤まさみは長澤まさみだ。男であれ女であれまったく関係ないと。なんの抵抗もなく素直に心の底から思った。そんなこと思っているなか黙り込んでしまった長澤さん。自分はさらに思う。もしや、男性器を自分が見かけてしまい、これまで女だと思っていたのが男だと判ってしまい、私(長澤)のことが嫌いになったのかしら・・と、思ったのかな?・・そんなことまったく微塵にも思ってないのに・・。たとえ男だったとしても(繰り返すが)自分にとって長澤まさみは長澤まさみだ。こうやって一緒に過ごしているだけでも世の男性たちからは羨ましがられる(憧れる)であろうシチュエーションを今こうして過ごしてる。素直に「気にしてないよ」と云うべきかしばらく迷いながら自分は黙っている長澤さんの耳元に「どうしちゃったの?」と囁きかける(そのリアクションは不明)。・・いつまでもこうして体を重ねた状態でいたい等、ずっとこうしていたい・・など思っているうち・・・目が覚める。残念。


<夢分析>・・・一週間ぶりの久しぶりの夢。本当に至福の夢だった。性的でなく(でもやっぱり下心あったかな?ただ、ヘタなことはできないと思った)人間としての性別をこえた愛の夢だったかな?日頃、とくにファンでもない長澤さんが何故に自分のような者と・・?久しぶりにいつまでも覚めてくない夢だったなぁ。・・(自分が)愛に飢えている?  一昨日、映画「心と体と」を観てからの走り書きメモを今こうして清書してる。夢では長澤さんの容姿(っぽい人?)だったが、もしや・・どこかで同時に夢をみている存在が?など、ついつい考えてしまったりと・・。

2018/2/11長澤正美さんと抱擁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です