<夢占い>誘拐犯として捕まり、今後犯罪人として生きていくことに?

~これからの人生を犯罪歴ありとして過ごしていく辛さ、犯罪人になるということ?~

・・主犯者のセキさん?(体格や顔かたちはNさんのようだった)と呼んでいた人に協力して或る人を誘拐することに自分も手伝うことに。連れ去った被害者に対して自分は危害は与えず、単に連れ去った人物を或る家屋のなかに隠すことの役割りを実行する(といっても自由に行動できない程度に一定の期間隠すだけ)。しかし後から考えて自分の固定だか携帯電話から確認の為としてかくまっている場所に電話をすることによって通話履歴でバレてしまうかもしれないというミスなどしたりと、それまで慎重に行動していたのだが(その際に主犯は被害者宅に金銭要求をしてたよう)、隠し通せる程の完璧な誘拐をしたとも正直思えなかった。世間ではテレビからラジオから今回の誘拐劇が徐々に明らかになっていってるよう。

・・そんななかのいっとき、仕事仲間とサッカーゴールを前にシュートごっこ(センタリングあげられたボールをヘディングやボレーシュートしたりする遊び)をする。Tさんの姿もあるなかバレーボールのような真っ白い柔らかなボールを使ってパスをつないだりヘディングしたりなど遊ぶ。

・・その後、連れ去り誘拐した女性(仕事上での知り合い?しかも同僚だった?)が携帯での情報を知りながらリュックを背負って何処かへと行く準備をする。その様子を自分は見ながら警察では急展開にあったように見えたりして、もう時間の問題だ、いづれは自分の元にも捜査の手が及ぶとみえて観念しようかと思ったりする。傍では何喰わぬ顔して仕事していた主犯のセキ?さんを自分は部屋の外の廊下まで呼び出すとポツリ「自首するよ・・」と云う。と同時に外の人々がざわつきはじめる。すると私服刑事らしき2~3人の男が主犯のセキさんを呼び止め具して車で去っていくのをみる。その際自分も一緒に「僕もやりました」と自白して連行されようかとも一瞬は考えたが、やっぱり躊躇していったん部屋内の自分の持ち机まで戻って身辺の整理をして、カラフルな生地の厚い靴下に履き換えて、ひとり警察署まで自首しに向かうことにする。その時の心境といったら・・捕まる自分のことよりもニュースなどで自分の名前や顔写真が出ることによって両親を悲しませるだろうなぁ~と悲しくなるなか向かう足取りも重たい。


<夢分析>・・・いっとき何喰わぬ顔してシュートごっこしてる際の半分事件の発覚を恐れながらの複雑なものだったなぁ。今回の夢での最大ポイントは犯罪に加わったことや投獄されても何年間か入ったことでいづれは出られると思ったりしたのだが、そのことよりも自分がそれから犯罪人として(前科者として)生きていくこと、それ以上に両親に顔向けできず(その前に全国に実名と顔写真がニュースに出ると思うと)悲しませることになり、それこそ以降世間にも顔向けできなくなることになると自首しに向かって途中にも思ったりして足も重たく生きた心地しなかったなぁ。目の覚めた瞬間はどれほどホッとしたことか。ちょうど今、毎晩「コンシャス・ドリーム」を読んでてそのなかの項目に未来の予知的的なことも夢見にはあるかもしれないと考えると、なんだか怖いような反面良い意味でのサプライズがあったりと。アストラル界での出来事?

2019/2/10犯罪人になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です