(映画パンフレット)『エンド・オブ・デイズ』

ーノルド・シュワルツェネッガー主演、ピーター・ハイアムズ監督作品『エンド・オブ・デイズ』(1999)

・・シュワルツェネッガー映画だからしょうがない義務的映画として鑑賞

相変わらず安心して観られるハイアムズ監督映画。「レリック」の時と同様、要所要所グロテスクさにもがんばってるけどエゲツさなくサラリと安心して観られる。

「ユージュアル・サスペクツ」の時も格好いいなぁと思ったガブリエル・バーンも共演。ただそれ以上に(今回の収穫的)ロビン・タニーさんがキュートでよかったよね。

正直シュワちゃん死して終わるとは(バッドエンドと云っていいのか、人々を救ったというハッピーなエンディングというのか・・)思わなかったなぁ。