(映画パンフレット)『ファースト・ミッション』

ジャッキー・チェン主演、サモ・ハン・キンポー監督作品『ファースト・ミッション』(1985)

原題「HEART OF DRAGON」

・・「ランボー2」と「ペンギンズ・メモリー」を押しのけて(結局、後日に観たのだが)地元の映画館A座にて、早見優さん主演の「キッズ」と「V.マドンナ大戦争」との三本立てにて鑑賞。

ジャッキー映画メインとして観に行ったわけだがうぅ~ん何とも消化不良。兄弟愛を描いた涙もののようなんだが、やっぱり登場人物じたいから泣けば泣くほど観てるこちらが引いてしまったりも。サモ・ハンさんの障がい者ぶりもちょっと違和感あったし、エンディングのジャッキーの日本語での歌「TOKYO SATURDAY NIGHT」もなんだかチグハグに聴こえたり、恋人の設定とはいえ、接吻シーンには(それまで過去に観たことなかったぶん)思わずショックだったし。

ラストの工事現場からの複数の爆発ダイブは、石井聰亙監督の「高校大パニック」を思い出されたりなど、これは迫力あったね。

・・結局映画を三本観て全然期待してなかった(思いも寄らなかった)『V.マドンナ大戦争』が素直に面白かったね。一応パンフは買ったけど。