(映画パンフレット)『ひるね姫』

ひるね姫1
ひるね姫2

 

  神山健治原作、脚本、監督作品『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(2017)

 (出演)高畑充希、満島真之介、江口洋介、

 (主題歌)「デイ・ドリーム・ビリーバー」森川ココネ

・・テレビでの宣伝にうたわれていた‟・・夢と現実を~~“の文句に当然惹きつけられ、同じ夢ものアニメ作品「パプリカ」とはどう違うのか(どうモッテくるのか?)と期待持ちつつ鑑賞。

いろんな作品(「パプリカ」あり「君の名は」あり「クリフハンガー」あり「パトレイバー」あり宮崎アニメちっくありなど)の要素テンコ盛りの情報量目まぐるしい作品だったね。

・・映画は緻密な作画のスペクタルな展開などいろいろあったりしたけど、結局は家族の(絆の)あたたかいお話、エンディングソングの「デイ・ドリーム・ビリーバー」がすべてなんじゃないかなと率直な感想。

パンフのなかでの監督のメッセージにもあるけど自分も映画を観ながらNHKの「ファミリーヒストリー」がよぎったりしたかな。歌の歌詞にもあるように「もう今は彼女はどこにもいない・・彼女はクイーン・・」

・・ラストシーン(縁側での)の、お父さんの「分相応~」のワードに、あとそれに続くエンドクレジットでの若き日のお父さんとお母さんの出会いのくだりに特にグッときてしまった。宿命なのか運命なのか深くは追究しないけど、人間、真面目に生きていれば素晴らしい・・かどうかは分からないけど、生涯においての出会いというものがでてくるんだなぁと。これも出会う両者にとっても生まれながらの決められたシナリオのひとつだったのかね。そんなことを感じたりもしたね。

・・いやぁ、最後の最後でも刺さったね。この映画を観て出会いというものに刺さったというのも自分にとってのシナリオのひとつだったのかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です