(映画パンフレット)『この世界の片隅に』

 クラウンドファンディングで制作資金を集めてつくられたと話題にもなった片渕須直監督作品『この世界の片隅に』(2016)。

・・映画を観終わった後の率直にまず思ったことは、(日頃から心がけているつもりなのだが)・・”足るを知る”。テレビや本どころか、まったく娯楽のない(唯一は絵を描くことのみ)日々を暮らしながらもなんの不満もなく生き生きと過ごしている主人公すずさんはじめ当時の人々の生きざまをみると龍安寺の蹲踞(つくばい)じゃないけど、”我唯足知”が頭をよぎったね。

我々現代人の欲まみれの”もっと、もっと”を今一度考え直せねばと・・。

映画は高畑勲監督の「ホーホケキョ~」のような小さなエピソードを重ねたかんじの展開だったね。

冒頭からのコトリンゴさんの歌う「悲しくてやりきれない」など聴いてて「かぐや姫の物語」の主題歌を歌った二階堂和美さんの声に似た癒し系ボイスに感動も増し。

そして何よりこの映画最大の魅力のひとつとして主人公すずの声を演じたのんさんの貢献力は非常に大きい(時々綾瀬はるかさんの声にけっこう似て聞こえることもあったかなと)。あの言葉尻の目を細め(これは実写では表現できないデフォルメとしての利点のひとつ)ニタァ~となる照れ隠しなどの表情のなんと愛おしいことよ。あれじゃ、なんの失敗をしても憎めないし許されそう。

・・2016年はあまりにも「君の名は」で盛り上がったが(まだ進行中?)、個人的には両作品を観て思い入れとしては断然「この世界の~」の方に支持。

もう一、二度は観てみたいなと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です