(映画パンフレット)『マトリックス リローデッド』

マトリックス 完全分析1
マトリックス 完全分析2

 SFサイバーアクション映画、ウォシャウスキー兄弟脚本・監督作品『マトリックス リローデッド』(2003)

 原題「MATRIX RELOADED」

 (出演)キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、モニカ・ベルッチ、

・・公開から15年ほど経ってのち改めて鑑賞。公開当時の味わい方とはまったく違う捉え方と感覚。今回この映画を観るにいたっての捉えや考え方の変化もそうだが、観るにいたったキッカケをつくってくれたセミナーや先生などの成り行きも実際のところ自分にとっての導きだったのかもしれないと今つくづく思う。

そして改めて観てみて、当時なんとも思っていなかった白いドレスの綺麗な人(パーセフォニー役)がモニカ・ベルッチとわかったり、やはり一作目よりも格別にスケールアップ感もありカンフーアクションやハイウェイでのチェイスアクションなど楽しんだことは楽しんだのだが・・やはり今回はそちらにはあまり関心が向かなかった。これも観る時期、境遇なども大きいものだろうなぁ。

批判というわけじゃないが、アクションカット観ても(たしかに初見時はすげぇ~と確かに楽しんだんだが)人物たちが吹っ飛んだりするのを見ても重力感が感じられず(いかにもなCG処理映像を感じ)なんだかアニメーションをみてるような(ドラゴンボールだか、チャウ・シンチーの映画のような)感じで痛さも衝撃具合も感じられず(生身の人間らしさが感じられない)心にあまり刺さらなかったなぁ。

つまりは、久しぶりに(先日)観た一作目同様それ以外の地味な会話シーンにくぎ付けになり(やっぱりメインどこはアーキテクトとの対面かな)、設定や次々に出てくる人物を認識し追っかけながら世界観を楽しんだ。

ただ、改めて観た一回きりじゃまだ理解できない部分もいろいろとあり、分析本を読んだりしながら参考にしたり理解しようかと思う。そしてどう自分は感じたかどう捉えたかはここで書くとあまりにも量になったりするので心に秘めようかと思う。

・・さて、明日は続けて最終章の「レボリューション」を観ようかと楽しみに思う。

・・「アニマトリックス」も観た方がいいかな。