(映画パンフレット)(原作松本清張作品)『点と線』

点と線(東映ウィークリー)1
点と線(東映ウィークリー)2

  松本清張原作小説を映画化。小林恒夫監督作品『点と線』(1958)東映ウィークリー

  英題「points and lines」

 (出演)南廣 、山形勲 、高峰三枝子 、加藤嘉、 志村喬、 堀雄二 、織田政雄、

 (音楽)木下忠司

・・まず、公開当時プログラムピクチャーとしての二本立てのうちの一本だったからか85分という本編にもぅ2~30分じっくりと追加してほしいくらいの(もうちょっと引っ張ってって欲しかったくらい)駆け足気味な作品だね。その二本立て上映作品のもぅ一方の作品がパンフの表紙絵となってるのにこちら側としては残念。

やっぱり何度と観直しても画面に映る車から人々のファッション、家々やビルにいたるまで昨今作られる映画やドラマでの美術さんによって古めかしくつくる背景(どんなに30年代40年代っぽくつくっても嘘くさく、また、キレイにみえたりも)とはまったく違い云わばすべてが本物。やっぱり作品としてこじんまりとはしても最初に映像化された当時のものには敵わない。

タイトルバックでのいきなりのB級っぽい入りからジャズ調へと変わるメインテーマも聴くごとに好きになっていき、香椎海岸での並ぶ二人の情死のアップになると課長補佐さんの目じりがピくつくのはまだご愛嬌もの。そしてそれに続く待ってましたのお気に入りバイプレーヤー織田政雄さんが監察医として登場。もぅこの導入部だけでもいいね。

・・『点と線』のパンフとして持っているのはこのパンフのみだが、今でも気になっていることだが(希望もこめて)たしか、昔、映通社の店主からだったか?虔十書林の店主だったかな?から聞いたことによると、『点と線』単独のパンフが存在してる(してた)らしいのが・・本当にあるのだろうか?ということ。現物を見たことは当然ないが写真すら見たこともないしオークションなどでも見かけたこともない。どうなんだろう?存在するのかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です