(映画パンフレット)『ロボコップ3』

 フレッド・デッカー脚本、監督作品『ロボコップ3』(1993)

 原題「RoboCop 3」

 (出演)ロバート・バーク、ナンシー・アレン、マコ岩松、

・・主演のピーター・ウェラーも替わったし、予告では空飛んでたような・・などなど3作目にして観るのは消極的だったけど・・勢いで劇場まで行って鑑賞。トホホな感じで劇場をあとにしたような・・そんな記憶の作品だったかな。

まず、空飛んじゃダメでしょ。しかも合成(処理)みえみえの迫力のなさに最後も観てて盛り上がらなかったし(自分はね)。主演の俳優が替わったのはまぁいいとして、今作出ました!といわんばかりの悪徳的日本企業のおでまし・・そして日本人役としてはもぅお馴染みマコ岩松さんの登場(というか困った時のでもなく・・日本人役といえばと・・マコさんしか居ないのか?と)。さらには日本人とくればのニンジャ的サイボーグまで登場と。

・・あの一作目のバーホーベンのつくったダークな世界が何処へやらと云わんばかりのライトなかんじの珍作ぶりに(自分はね)困惑しながら「ロボコップ」シリーズももういいだろう・・と。