(映画パンフレット)『沈黙の戦艦』

クライング・沈黙・ボディ・山猫

 「沈黙シリーズ」第一弾、スティーブン・セガール主演、アンドリュー・デイヴィス監督作品『沈黙の戦艦』(1992)

 原題「UNDER SIEGE」

 オールナイト4本立て上映で「クライングゲーム」「BODY」「山猫は眠らない」と一緒に鑑賞。

宣伝でも「海のダイハード」など云われ話題にもなってたし、この作品一本限り観ていたらより楽しめたかもしれないけど、さすがに4本立てとなればいくら良作としても他の作品と相殺されるようで勿体ない。寝ることなく最後まで楽しんだのだが、本家「ダイハード」のように観終わったあと歴史的映画に立ち会えたという感動もそれほど無くエンディングに流れるメインテーマ曲が良かったなぁという印象(本編よりメインテーマの方が印象強というと、「デルタフォース」のようなものかな)。どちらの作品も恰好良いんだよね。

共演のトミー・リー・ジョーンズにとっての駆け出し作品なのかな(いや、ブラックライダーに出てた)、頑張ったんだけど頭刺されてあっけない終わりにはちょっと笑ってしまったり。