(映画パンフレット)『V.マドンナ大戦争』


Vマドンナ1
Vマドンナ8

 

Vマドンナ9

 

Vマドンナ10

 

 中村幻児監督作品『V.マドンナ大戦争』(1985年)

・・さかのぼること自分がまだ学生だったころ、正直云って最初に映画館で観た時はこの映画をメインとしてではなかった。地元の街なかの映画館での三本立て上映として公開されたうちの一本だった。その際のメイン(目当て)はジャッキー・チェンの「ファーストミッション」(今思うとジャッキー全盛期の頃だったか、自分もまだ若かったなぁ)。結局思ったよりはジャッキーの映画はそれ程刺さらず、同時上映のひとつとして期待感無しに観たこの作品の方が結局より記憶に残った。ちなみにあとの一本は早見優さん主演の「キッズ」(観るにいたってどうせ普通のアイドル映画なんじゃないかと思いきや、わりとハードなアクション映画だったことには驚いたね。ただ今となっては詳しい内容はもう忘れてしまった)。

・・結局なんの予備知識なくこの映画を観たのだが、こちらの作品も思った以上のアクションの連続に素直に楽しんだな。余談だが当時主演の宇沙美ゆかりさんの歌「風のプリマドンナ」がバックに流れた飲み物だったかシャンプーだったかのCMで既に聞き覚えはあったね。

だいぶ後になって知ったことにこの映画の脚本が「破線のマリス」で乱歩賞を獲った野沢尚さんだったと知ってまたこの映画の見方が変わったりしたことも。「破線~」も原作は読んで面白かったし。といっても、いたってこちらの内容は単純な学園版(当時は”ビーバップ”なども流行っていたしね)七人の女侍といったところか・・とこれまた思いきや、ラストのラストでついツッコミ入れたくなるようなオチに苦笑したりと。

・・まぁ落ちついて堪能する文芸物もいいけど、こういうドンチャカしたポップコーン食べながら気楽に観る映画もいいんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です