(小説・エッセイ)(日野啓三)『あの夕陽・牧師館)


あの夕陽・牧師館(講談社文芸文庫)1
あの夕陽・牧師館(講談社文芸文庫)2

日野啓三短編小説集『あの夕陽・牧師館』(講談社文芸文庫)

『向う側』

短編集のなかのひとつの作品であり作家日野啓三を象徴するキーワード。

作家池澤夏樹氏も書いてるように、

作家日野啓三も作品の中の登場人物たちも、更には今、自分も、

「向う側」へ行こうとしている。「死」ではない。向こうのなにかへ。

日常に満足せず、世間の外側の異次元の世界、別世界へ視線や行き先を求めようとしている。この世界が不満なのではなく、もっと先を見ようとしているのである。

良いか良くないのかすら判らないが・・やってくしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です