<夢占い>作務衣を着て人生相談をしに行く

(その1)

・・公園のような広場で3、4チームの(いっけん不良の若者たちの集まりのように見えた)ラップのダンスチームがカセットデッキで曲を流しながら練習する傍を自分は歩いて通りすぎる。

 

 

(その2)

・・サラ・ボーンの歌「ラヴァース・コンチェルト」を韓国映画「接続」の主題歌に使った監督がなぜその歌を使ったのかを特集した番組?を見る。ちなみにサラ・ボーンは日本語でおばちゃん風な声で歌っていた。

 

 

(その3)

・・或る部屋にいる先生のもとへ人生相談として入っていくが(その時自分は作務衣を頭まで被るような格好してた)、部屋に入ると後から来た女性のスタッフらしきから名前と住所を書くよう指示される。そのとき自分はまるで何か物を買わされるような強行商法らしく感じたので、「どうやら食い違ってる、間違えて来たようだ」などのようなことを言ってそこを出る。


<夢分析>・・・現実で作務衣を着たい欲なのか、今回の夢の中で自分は作務衣を着ている。普段着として徐々になれていって作務衣を着こなしていこうか・・。

2011/12/23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です