<夢占い>エレベーターを出るとそこはメルヘンの世界

(その1)
実家のリビングでソファに座っているT(弟)とテレビを観ながら話す。自分はTに本に書き込みをする時はボールペンを使わず常に鉛筆を使っていると言う。

・・Tは納得してた。

 

 

 
(その2)
・・狭いエレベーター(12階建の12階のボタンはテープで貼られていて行けなくなっていた)に乗って11階まで上って行こうとする。

室内は狭く地上まで吹き抜けて見える隙間もあって足を踏み外して落ちないように気をつけながら乗って上昇すると11階に着く時天井は頭ギリギリの高さで止まり自分は頭を下げて緊急脱出するかのように(映画「死刑台のエレベーター」の感じ?)ドアをこじ開け外へ出る。するとそこはジオラマのようなテーマパークのようなメルヘンな光景に変わっていて、そこで父と会う。

・・二人で歩いていて父が焼きオニギリのようなものを食べながら、もう夕御飯の時間帯だと言うので自分はここでは食べずに家に帰って食べようとする。

 


<夢分析>・・・そういえば夢日記をつけていて度々エレベーターに乗る夢を見るがたいてい上昇(上がっていく)の方の夢である。夢のキーワード的にも良いと思うのだが、逆に下っていく夢は思い当たることがない。ということは自分は常に上昇志向など持っているのであろうか?ただ今日は途中トラブルが発生、なんとか出られたのだが、するとこんどはメルヘンの世界。まぁいいか。明るいことで良いにこしたことはない。

2012/8/30エレベーターの隙間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です