(映画パンフレット)『エイリアン』

エイリアン1-1エイリアン1-2

 リドリー・スコット監督作品『エイリアン』(1979)

・・初めて(エイリアン)という単語を知ったのはこの映画からでなくて近所に住むひとつ年上の女子(同じ区域の生徒のひとり)の小学生時の周りから云われていたあだ名が(エイリアン)だった。それで「なんだ?エイリアンって?」という感じで初めて知った記憶がある。たしかにそう云われても当時の自分には全然ピンとこなかった(エイリアンというものがどんなもので、なぜエイリアンなのかも判らなかったから)。 その後、映画を初めて観たのはテレビでの吹き替え(荻昌弘さん解説の月曜ロードショーだったかな?)だったろうか・・。正直、怖かったというよりもラストのリプリー(シガニー・ウィーバー)のアンダーシャツ姿にドキッとした方がインパクトあったような記憶が大きかったかな。

・・のちにシリーズ化されて回数重ねて観るごとにより面白いと感じどっぷりつかるようになったかな。同時に(年は前後して)リドリー・スコットという映像作家のファンにもなっていったという記憶。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です