(映画パンフレット)『プロ野球を10倍楽しく見る方法 part2』

プロ野球を10倍2-1プロ野球を10倍2-2

 江本孟紀の同名原作を映画化。鈴木清、出崎哲監督作品『プロ野球を10倍楽しく見る方法 part2 』(1984)

 「ウィンディー」との二本立て上映にて鑑賞。

・・あの頃(公開当時も)は年に一度、二度長時間で「プロ野球珍プレー好プレー」など毎度観て楽しんでたよね。ものもんたさんナレーションも笑えたし欠かさず観てた記憶もあったりと、その影響もあって映画化されたこの前作と今作も楽しく観たね。面白さは前作に比べると数倍白かったね。まずはオープニング、エンディングの歌を歌った南こうせつさんの歌じたいが良かった。マイクロフォン野球での1イニング13得点の50分ちかいイニング中の会話には笑いもあったり。最終イニングでの日本シリーズでは、自分のこれまでの半生のなかでの一番心に残り(記憶に残り)且つ悔しい思いをした忘れられないシリーズを再びスクリーンで目にし、エンドスクロールしながらバックで流れる南さんの「ナイスゲーム」を聴きながら悔しさに再び涙がじんわり・・、けど、作品全体の面白さに満足して劇場をあとにしたことよ~く憶えてる(同時上映の「ウィンディー」はいまいちだったかな)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です