(映画パンフレット)『ルームメイト』

ルーム・メイト1ルーム・メイト2

バーベッド・シュローダー監督作品『ルームメイト』(1992)

・・もう、個人的にはこの映画の楽しみは主人公のひとり(正主人公?)ブリジット・フォンダ目当て・・・ではなく、共演の(この映画では悪役なのかな)ジェニファー・ジェイソン・リー目当てでたしか映画館に観に行ったと思う。

・・ジェニファー・ジェイソン・リー。けっこう80年代の映画から知らず知らずのうちに出演作を観たりしてるうちに、絶世の美女ではないのだがキュートな容貌でありながら「ヒッチャー」での体の引き裂かれから、「ブルックリン最終出口」での体張った演技、「黙秘」での影ある演技や最近で云うとやはりタランティーノ監督「ヘイトフルエイト」での汚れ役など・・けっこう出演作観てることがわかる。

・・でも何だろう?自分だけかな?過去の出演作もそこそこ観てきたのだけど・・記憶にあまり残らない女優さんなんだよね。オモテにバーンと出るような主演する女優さんのイメージは元々なくバイプレーヤーな感じで、容姿も良く演技も良いと思うんだが・・なぜか、忘れがちになってしまう俳優さんのひとりなんだよぁ。惜しい!というのか、なんなんだろ? そのうちもう少し歳もとってどこかで良い映画のなかの良い役にハマったら、もしかしたらアカデミー主演女優でも取れるんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です