(映画パンフレット)(黒澤明作品)『夢』

夢1夢2

黒澤明監督作品『夢』(1990)

・・2007年から夢について関心が高まり夢日記を書くようになったので、この映画を当時観たのは夢に関するものだからというより単純に黒澤映画ということで観たと記憶。ただ正直(夢にも特に関心がなかった時分)当時、楽しかったか?面白かったか?というとうぅ~んと消化不良だったと思う。云ってみればどうでもいい他人の夢だしね。

・・いったい監督はどれだけの夢のなかからこの作品で取り上げられた(チョイスした)のだろうかね?映画のなかの各エピソードの内容云々よりもまず本当に監督本人がみた夢なのだろうか?いつ頃みた夢なのか?そういったことがまず思われる(気になる)。夢に関心ある今思うと、もっと違うパターン、例えばつげ義春さんの漫画のような赤裸々な性の匂いぷんぷんするような夢なんかを期待したりなんかするのだが・・巨匠はそんな題材取りあげないか・・。

・・好きに一番も二番も順位はないのだが、個人的に(いちばん堪能した夢らしいエピソード)はやっぱり「トンネル」かな。ホラーじゃないけどあの不気味さが良いよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です