(映画パンフレット) 『八月のクリスマス』

八月のクリスマス(改)八月のクリスマス(改)2八月のクリスマス(改)3
八月のクリスマス5
八月のクリスマス6八月のクリスマス7
  韓国映画。ホ・ジノ監督作品『八月のクリスマス』(1998年)

・・この映画のキッカケはなにかしらの作品を観に行った折、ロビーで近日公開のチラシをなにげなく手に取ったのがキッカケ。パンフレットの表紙もそうなのだが、主演のハン・ソッキュとヒロインのシム・ウナの仲睦ましいツーショットが気に入り(自分のツボにはまり)どんなもんかと後日観に行く。

・・打ちのめされた・・というのか、しみじみ心に染みた。ぽけぇ~といつまでも観ていたいような映画世界。他作品でいうと、ちょうど『ドライビング・ミス・デイジー』を観てる心地のような感じかな。登場人物たちのひとつひとつの芝居を観てるだけでなにか癒される。

・・抑揚されたピュアな大人の恋物語に切なさもラストにむけて高鳴り”涙が流れる”感動というよりも、しみじみした余韻残る感動がそれからずっと続いた、そんな感じだった。たしかに現実を考えると主演の男(おじさん)のような人間なんかなかなかいないよなぁと思う部分もあるかもしれないが映画という虚構世界の中でのドラマとなると、または自分もこういう男になりたいという憧れなど、世の中にはこういう一途な男などもいるもんだと考えると”おじさん”の生き様に惚れ惚れする。

・・タリム役のシム・ウナのコスプレのような取締り員の制服姿が初々しいね。

パンフレット内ではシナリオも掲載されてるが何しろ劇中台詞も少ないのでページ数もそれほど。後の頁では三留まゆみさんの映画評含めた2ページにわたるイラストもぎっちりありポップ感。

普段韓国映画を観る機会は少ないのだが、この映画は自分にとって別格。国は違えどやはり全世界共通のものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です