(書籍)(夢に関する本)『私が見た未来』

 たつき諒著『私が見た未来』完全版(2021)飛鳥新社

・・まぁ、書店(古書店も)をまわってて夢にまつわる本が目にとまれば基本なかをパラパラッとみて買うので、これまで存在を知らず平詰みされてたこの本もいつものように手にとって(夢日記なんて久しぶりだなぁと思いながら)購入。

予言がどうだったかとか予知が的中した・・それいぜんにこの本のように夢日記のカタチした書籍が普通に書店で売られていたことにまず(他人の作品でありながらも)なにか夢モノが公に認知されてるような感じを受けてその中身(内容)がどうであれまず喜ばしいものがあるよね。

できることなら一部でなくたつきさんの日記帳の夢の数々が見てみたいねぇ。失礼ながら漫画家としてというより夢見者として会ってお話も聞きたいもんだよね。もちろん今回再販するにあたって話題となったいくつもの予知的夢のことも勿論惹きつけられるけど、どっちかといえばセンセーショナルなものよりは普通の(現実っぽい)なんてことないような夢の方が自分的にはより興味があるかもしれないから、そっち関連の夢なんか是非みてみたいもんだよね。

・・と、先日、テレビ「アンビリーバボー」でもとりあげられてて、お顔は拝見できなかったが実際現在も健在なたつきさんの姿を見ながらなにか同志的(おなじドリーマーとして)なものも感じたりもしたかな。

(その番組を観ながら)・・もしや日々なにげに見てる自分の夢ももしかしたらなにかしらの情報や意味あるものも探せばあるんじゃないかなど思ったりもしたね。

・・2025年の7月らしいね。たつきさんもテレビで云ってたようになにかしら避難や準備などできるもんならそれにこしたことはないけど・・成るように成るしかないのかな・・。

・・ちょっと思ったたわいもないことだけど表紙を見てね、ミゲル・ネリ著「アストラル・トリップ」の表紙に似てるかな?なんて思っちゃったりしたけど、似てないか・・。