<夢占い>店のリニューアル会場で

・・(現実で勤めている業種とは違い)レンタル DVD 店に勤めている自分は13時からの出勤のため店に入っていくと入れ違いに朝からの勤務でこれから帰ろうとしてたKさんらしき声を聞くや自分はドアの隙間に隠れ少し待ち隙間から見るとスタッフたちがゾロゾロと祝いの花など運んでいるのを見かける。そこで自分も手伝いに加わると、或る女性スタッフから重い鉢の飾り物を設置するように頼まれると自分は設置場所まで運んでいきその鉢に札も掲げる。

その後、店内に大勢の人々が次々と集まってきて記者たちも写真撮ったりと大々的なパーティーとなる。店の入り口には高い陳列棚がきれいにあって、本や DVD などが美術館のオブジェのようにデコレートされている。

すると一人のカメラマンがその会場に集まっている人々に向かって「写真撮りますよ~」と声をかけると自分もカメラマンの方を向く。と、すぐ隣にゲストとして招待されたんだろうか北野武さんがいる(夢とはいえその場では現実なので)。嬉しさと緊張感を持つ。すると椅子に座っていたのか車椅子でだったか、同じくすぐそばにいた別の男が冗談に武さんの頭をはたく。はたいた男はさっと身を隠すと、叩かれた武さんはそばにいた自分の方を見て「あんたか?」のような表情。「いえいえ、違いますよ。こっちにいる人の仕業ですよ。」と自分は身の潔白を示す。

そして・・店内はどうなったのかな?(どのようにリニューアルされたのかな?)と店内を歩いてみることにする。

通路の左右には DVD ソフトが棚に並ばれているのを見てるなか、あるいっかくには古いレアなビデオも並んでいるコーナーも見られる。「へえぇ~、知らなかったなぁ、今度何か借りてみようかなぁ・・」など思う。

さらに奥へ奥へと歩いていると違う店舗と変わり、引き返して13時からの勤務に入ろうとするのだが、ふと周りを見回すと地上3階だか4階だかの屋外にいるのに変わってて今自分がどこにいるのかも分からなくなる。ふと目にした時計を見ると13時を少し過ぎている。まずい、遅刻だ、と焦りながらも「どこだったかなぁ~」と自分の勤務する店を探す。

歩いている通路がアパートの廊下のような通路になってて、住民なのか、おしゃべりしている二人の足元を無人のラジコンカーが近づくと二人が除けるのを見る。

さらに通路をそのまま歩いていると、いつのまにか隅田川のような川沿いの柵つきの小道を歩いている。すると上空から降ってくるかのように独りの男が川へと叩きつけられるように落下してきて更にうねる波に呑まれて小道下の壁に叩きつけられる一部始終を間近で見る。しばらくして水面に鼻から血を流して浮かんでいる男の姿を恐る恐る見る。もう死んでいるのかな?自分には何もすることができないよ(自分の力ではどうすることもできないよ)と怖くてそちらをなるべく見ないようにその川沿いの小道を奥へと歩いていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020/4/9