Warning: Declaration of AVH_Walker_Category_Checklist::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.widgets.php on line 0

Warning: Declaration of AVH_Walker_CategoryDropdown::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.core.php on line 0
<夢占い>同窓会に集まる同級生たち - 素晴らしき映画パンフレットの世界と不可思議な夢の世界『哲哉の夢日記』

<夢占い>同窓会に集まる同級生たち

~以下、今日の夢の要約。T大3号館での同窓会~

 (三連休も台風で外はゴォーゴォー)

・・大学校舎の新築工事現場らしきを全力で駆けていくし4,5人の男たちのあとについて自分も駆けていくがはぐれてしまう(それまでそこで働いていたのか遊んでいたか)。そしてその工事中の校舎を出ると周りにも新しく建物が工事中で同時に昔の時代の頃がどうだったかとモノクロでフラッシュバックされる(昭和の昔には違う建物があった頃)。たまたま一緒だった女性や女の子ら子5人の男女の集まりがあった後、また一緒に集まろう(飲もう)など約束して、あとで場所決めて落ち合うことにする。そしてさっきまでも一緒だったらしき大学での同級生(Aと二人のK)にもまた会おうと連絡しようと携帯の電話データで 「K」「K」 など探して電話するが誰にも繋がらない。電池も残り2%となってたので諦める。人々の行き交うT大3号館前の広場にいると、徐々に集まってきた懐かしき(というかもうおばさんに見えた)同級生の何人かの女性の姿を見る。そのまま自分も校舎に入り2階3階と上がっていくと或る教室で20人ほどがゾロゾロ社食でのセルフのように食べ物(お菓子)を各自とっている姿を見て(外の看板に3X学級同窓会の集まりと掲示)ここだなと入っていく。そしてまずやるべきこととしての3人の同級生(現実では大学の同級生だった)が来てるか伺うとKひとりが来てて他の二人は連絡がつながらないという。自分は電池も切れて携帯が使えないのでKに頼んで残りの二人を呼んでもらうことにする。その後そばに座ってた、あとでまた会おうと約束してた金髪の女の子に自分は声をかけて話す。そして進行役の女性の声とともに会が始まる(自分は女性から同窓会の進行表を見せてもらうと、そこには今回の会の先導者(いわば発起人)としての自分によるスピーチがところどころに挟まれてた予定表が方々からの自分宛てへの多数のメッセージの書かれた紙も見せてもらう)。

そして同窓会が始まると予定された最初のこととしてスーツ着た男性による(同級生じゃなくゲストとして呼ばれてた?)世の中の政治経済についての講演が始まると室内が暗くなる。その後については覚えていない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<夢分析>・・・思い出すままに最初に駆けていくくだりは、たぶんそれまでに一緒に大学の同級生ともつるんだりしてたんだろうなぁ。そしてなんやかんやあって一緒だった年齢もまちまちの男女があとでまた場所かえて会おう(飲もう)と決めたのが なぜかかわり3X学級(現実では中学時のクラス)、そして集まった面々は高校の同級生、そしてあとから呼ぼうとしたしてた3人(大学)の同級生というバラバラだったが、違和感もなく集まりも大きくなりしかも言いだしっぺの発起人のような自分も持ち上げられ正直照れたね。現実とは真逆のような人々の集まりから呼びかけ、たしかに楽しいものを感じ、神輿に担がれたのも悪くない。これをどう捉える?願望の表われ?本来あるべき姿?単なるアストラル界での集まりだった?

2022/9/19