(映画パンフレット)『グラン・ブルー』

 リュック・ベッソン脚本、監督作品『グレート・ブルー』(1998)

  原題「Le Grand Bleu」

 (出演)ロザンナ・アークエット、ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ、

 (音楽)エリック・セラ
  

・・期待して観たけどちょっと長く感じちゃったかな。元々ストーリー的にも切なく重たいしね。良い映画だとは認識してるけど・・二度目三度目と観るには・・ちょっと疲れるかな・・。

・・1988年公開の『グレート・ブルー』同様、海で溺れて以来水恐怖症の自分にとっても水中のシーンは何度観ても苦しいものはあるね。エリック・セラの音楽はいつ聴いても良いよね。というか、今となっては本編よりもサントラの方が印象大きいかな。

・・この頃だったかな?このパンフ含めサイズ的に大型のものが増えてきたよね。そんなに大きくないカバンで行くとパンフ買ったあと入り切れずにどうしようかなど困った時もあったりしたよね。B4サイズよりは大きくA3よりは小さいサイズのかんじかな。のちに『Mi2』や『マトリックス』などのサイズだよね。

・・それから10年20年と経って今では公開されるベッソン作品を観なくなっているなぁ。なんか小粒に感じちゃって・・どうしても『ニキータ』『グランブルー』の思い出がデカいんだよね。この間DVDで『ルーシー』観たけど・・規模は大きいものかもしれないけど・・なんか楽しめなかったなぁ。