(映画パンフレット)『激突!』

 スティーブン・スピルバーグ監督作品『激突!』(1971)

 原題「DUEL」

 「ある日どこかで」のリチャード・マシスン原作短編小説をテレビ映画化。

・・もう何回観たろうかね。最初(初めて観た)はテレビでの吹き替えだったけど一度観始めたらテレビの前で固まったほど興奮して観てた記憶があるなぁ。(設定が)単純だったぶん怖かったねぇ。何度観ても(今でも)追いかけてくるトレーラーがホントに動物のように見えてしまうよね。主演のデニス・ウィーバーのオロオロビクビクぶりが誇張(大袈裟)もなく観てる自分にもひしと伝わってきたよね。

もうなにがって、やっぱりこの作品、発想力だね、この単純ながらも相手の顔を終始映さず理由もなにも明かさずにただただ不条理に主人公を巻き込んでいく、このお話し。

ラスト、エンディング(タイトル)にかけての独り静かにポツンと居る姿(夕陽バックの逆光だったような記憶)は、後年の「ヒッチャー」での主演トーマス・ハウエルをも重なるように思い起こされるよね。

(映画パンフレット)『トゥルーライズ』

 ジェームス・キャメロン監督作品『トゥルーライズ』(1994)

 原題「True Lies」

 (出演)アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイミリー・カーティス、

・・シュワルツェネッガー主演による、雪中の銃撃戦からハリアー(戦闘機)の操縦などと、まさに007的アクション映画とでもいおうか。このすぐあとの作品だったか、「イレイザー」とちょっと(被りはしないけど)似てるような。かくまわれた娘を助けに行くということは「コマンドー」だよね。奥さん役のジェイミリー・カーティスさんがちょっと浮いたようなコメディ路線が気になったかな。

敵役が(いかにもな)中東系とはちょっとした偏見っぽいのを個人的には感じてしまったが。

短いがメイン曲が痛快で良いね。

・・あと残念なのはパンフの表紙。顔だけってのはさすがにいただけない。背景にもなにも無しで、これじゃ、シュワルツェネッガー主演だというだけでどういった映画なのかこのパンフを見ただけじゃなんにも分からないよね。たまにあるよね、こういったパンフ。もうちょっとなんとかして欲しいと思うんだけどね。

(映画パンフレット)『ショート・サーキット』

 ジョン・バダム監督作品『ショート・サーキット』(1986)

 原題「SHORT CIRCUIT」  (主題歌)「WHO‘S JONNY」byエルデバージ

 (出演)スティーブン・グッテンバーグ、アリー・シーディ、ナンバー5、

・・個人的にはヒロインが魅力的に見えなかったのが残念に思う。内容はよくありそうな安心して観られる80年代映画なので、せめて華となるような(記憶に残るような、ツボにはまるような)人物、特にヒロインを期待するのだが、あくまでも個人的には刺さらず(惹かれず)残念に思ったかなぁ。

一番の記憶といったらやっぱりラジオ番組で紹介されたのを録音して(勿論当時はカセットテープに)何十回と聴いた主題歌かな。

・・続編は未観(設定的にも実際のところ一作目だけでも充分でしょ?)。